電気屋ごりのなんでも奮闘記
電気屋ごりのヨメがとりあえず近況を書いています。 もう少し落ち着いたらダンナのようにダイエットや お料理等も載せたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
外出しました。
今日は、久しぶりに外出許可を貰い自宅に帰りました。とは言っても
週に一回は外出しています(笑)現在は食事も流動食から夜から3分粥
になり、家族一同安心しています。こうなれば退院ももう少しかなと
期待してしまうのですがこればかりは、神様のみぞ知ることなので
なんともいえないのですが私個人としては期待に胸を膨らませている
所です。
スポンサーサイト
[2006/05/28 11:11] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
食事再開
20060527075724
先日の内視鏡のバルーン拡張が良く、昨日の夜から、食事が再開しました。しかし流動食からですが嬉しいかぎりです。調子が良ければ、上がっていくそうなのでそうなれば退院まですぐなので、もうひと頑張りと行きたいところです。
[2006/05/27 07:57] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
順調
昨日、造影剤による透視検査の結果、前回に比べ小腸の狭窄が緩和されているのが確認され、再手術は中止になりました。その代わり木曜日に、内視鏡によるバルーン拡張術をやることになりました。なんでも、前回の検査の時は狭窄がひどく、バルーンを入れることが困難だったのですが、今回は腸が少し広がっているのでバルーンを入れる事が出来るのではないかというのが医師たちの見解でした。これに成功すればその日から、水を飲む事が許可されるので今から期待はしています。
[2006/05/23 07:12] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(3) |
禁煙
ごりが煙草をやめてから、いや、やめさせられてから早一月半がたちます。
以前、飴とかの摂取量が
飛躍的に上がっているとの話をしましたが、もしかしたら、空腹だけではなく
煙草の禁断症状からくる物かなと思うようになりました。会社の同僚から聞いた話ですが、煙草をやめてから一月くらいしてから禁断症状がでると聞きました。確かに今煙草は吸いたいと体が要求しています。
しかし、煙草を吸える状況ではないので、口寂しく
感じられ、空腹でもないのに飴とか食べても手が止まらないんですね。あっという間に一袋分の飴を消費してしまいます。嫁とか同僚はこの際だから禁煙すればと言います。確かにこれから煙草が値上げするそうで一箱20円から30円くらい上がるそうです。それなら
禁煙するかと思うのですが飴ばかり食べ過ぎても体によくないしなと考えています。嫁に相談したら、なんでも禁煙飴なる物があるそうで明日買ってきてくれるというので少し期待しています。だけど、禁煙飴というのがどういう物か知らないので少し不安ではあるのですが、禁煙は考えなければならないので食べてみようと思います。
[2006/05/19 19:33] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
研修医の恐怖 2
20060518174212
3時くらいに膵炎の点滴が血管から漏れだしているので、点滴の差し換えをすることになり、一時間程待って来たのがなんと研修医
しかも女性またか!と思いながら今度は何回失敗するかなと考えていたら見事に期待に応えてくれました。研修医のわりには態度が
高く、看護士にタメグチ
全開のくせに、刺す所を
看護士に聞いている始末。こっちは笑いを堪えるのに必死でした。案の定30分
近く、悪戦苦闘したあげく刺した回数なんと三回それも全部失敗、研修医では
手に負えず、後で他の先生にやって貰うことになり、研修医は詫びの言葉は一切なく、逃げるように出ていく姿とは対象的に看護士の申し訳無さそうに謝罪する姿が印象的でした。
こんな研修医が偉くなって質の悪い医師ばかりが出てくるとなると、大学病院は最先端の医療の提供と高度な技術を持つ医師の育成などと言っている割には、この程度の医師しか育成出来ないのだから大学病院も底が知れているのかなと感じ、つくづく入院する病院を間違えたかなと痛感するごりでした。ちなみに他の医師がやってもすぐに点滴が駄目になるので、何度も差し換えをしているのでごりの両腕の血管はぼろぼろで次はどこに刺すのかなと考えてしまいます。
点滴失敗すると物凄く痛いんですよ!
[2006/05/18 17:42] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
甘〓い誘惑
20060517194822
私が医師から、絶食を指示されてから、早一か月以上たちます。その間医師が食事ができない関係上、ストレスで胃潰瘍になるのを避ける意味でも、口に入れるのを許されたのが、飴、ガム、ラムネなど口の中で溶ける物などがあり、それで目処がつく間我慢しろということでした。幸いそれらの物は種類が豊富だったので
飽きることがなかったの
ですが、一番困るのがそれらの物を食べていても、
空腹によるストレスからは解放できそうもありません。その結果、ストレスを
少しでも緩和するには、
どうしても食べる量が増えるというより、手が止まらないんです。無理もないですね、皆、口の中で溶けるので満腹感もくそもあったものじゃない。
普通の状態だと糖尿病確実という量は食べてしまいます。嫁が来た時に補充はしてくれていますが足りないので自分でこっそり買って食べています。本当に困ったものです。
明日は、造影剤を使用しての透視検査があります。
以前もやっているのですが今回の検査で水が飲めるか悪ければ、来週25日木曜日に再手術が決まります。
出来れば明日通って欲しいなというより、是非治っていてと心から願っています。頼むー(^∧^)
[2006/05/17 19:48] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
そろそろ限界です。
20060516090622
私は現在、片方の腕に二本の点滴を行っています。
食事ができないので栄養
補給用と、膵炎治療用で
すので何回もやっていると腕の血管(静脈)が固くなったり、脆くなってくるので、せっかく点滴針を刺しても、漏れてしまうことが多く、失敗してしまうそうです。今は感染防止のため、3日に一度は針を差し換えないとまずいので、もう、両腕とも点滴ができなくなるという所まできています。苦肉の策と
肘の上なんと上腕三等筋の近くで点滴をしています。お陰で肘が曲げずらくちょっと本を読むときに難儀
しています。
今、主治医と受持医の先生方が、放射線科の先生と
何かいい手を考えてくれているみたいで決まり次第
連絡すると言っているので期待して待っていようと
思います。
[2006/05/16 09:06] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
反省
ここ最近、愚痴に近い
コメントが多くなってしまい、見に来てくれる方々には、不快な思いをさせて
しまい、深く反省しています。入院期間が予定より長引いているせいか、不安になってしまっている次第です。しかし、病室の中でも私と同じように、入院期間が延びてしまい、悲観的になっている人もいます。
面白いのは、私も含めてですが、すべてに否定的な
言葉を使うと部屋の雰囲気が重苦しい暗い雰囲気に
変わってしまいます。
言葉の力は凄いですね!
私もそんな考えではまずいと考え、考え方を少しづつではありますが変えて行きたいと思います。
このまま、暗く考えていてもすぐにでもガンが直る
わけではないので楽観的に一日一日を楽しく過ごしたいと考えています。
[2006/05/15 19:51] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
時計が壊れた?
20060514080620
昨日の夜の事です。
気が着いたら私の時計の針が12時を指したきり、
止まってしまいました。
何、壊れた?まさか?
私の時計は壊れないので
有名なカシオのG-SHOCKそれも『MR-G』電波時計でタフソーラー、電池要らずでヨドバシで6万円近くした私にしては清水の舞台から飛び降りる気分で購入
したものなのに、買って
一年にもなっていないのに壊れるにしては、ちと早いかなと思い、まじまじと
時計を眺めていると、
何やら画面下側にCHARGE
という表示があってそこに『L』と表示してありました。これって電池切れ?しかしこれ、太陽電池だよなと
思った瞬間、ある事実を
思いだしました。しまった入院中であまり部屋から
出ないから充電できなかったんかい!?と解り、じゃあ明日天気が良ければ、
外に出て充電するかと時計を外し眠りについたのですが、今日なんとか、少し充電が出来ていたらしく、時計が動いていました。
それにしても、充電ができると自動的に現在時刻に
設定してくれるのは驚きました。さすがはカシオさんだと感心しました。
これから明るい所に行って充電しようかな?やっばり暗い部屋の中だと自分だけではなくて時計までおかしくなると思うと笑ってしまいました。
[2006/05/14 08:06] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
憤慨
昨日の出来事です。
医師から外出許可を貰ったのはいいのですが、結局鼻チューブからの廃液の量が多く、当日の朝、判断すると言われ外出する当日に医師が確認したところ当初の予定時間より三時間短くなって
しまいました。後でチューブを外すから待つようにと言われ、待っていたのですが、いくら待っても医師は来てくれません。看護士さんに時間がないからまだチューブが外せませんかと
聞いたところ、もう少し待って下さいとの事、こちらも貴重な外出時間がなくなるといったら、看護士が逆切れし、本当はチューブを外して外出できないのだからと言われたので、こちらもカチンときて先生の許可もらっていますと反論したら、今度は絶食なのに影でこっそり食べているのが
悪いと言われたので一応
先生から許可を得た物しか食べていませんと説明したら、それに対して『馬鹿食い』がですか!と一喝されました。何言ってんだこいつは思い、こっちは今までの
検査の結果が芳しくなく、不安でどこでストレス解消すればいいの?と聞いたら先生達も一生懸命やっているし、無駄な検査などないのだから、ごりさんももっと頑張ってと言われたのでこちらは一ヶ月以上食事ができなくて不安なのに、
これ以上何を頑張ったら
いいか教えて欲しいと
言ったら、鬼のような形相となり、黙って、その場から出ていってしまいました。私はそれを見て呆然としショックでもありました。所詮、看護士も人事で
お役所仕事しかしないのかと信頼していた看護士だけあり、ショックで泣きそうになりました。
家に帰り、家族にこの話をした所、物凄い剣幕で
怒っていました。無論私もです。

大学病院も一長一短あるかも知れませんが、他の病院の事も知りたいので、
このブログを見ているかた是非コメントをお寄せ下さい。よろしくお願いします。私は流石にどうしようかと師長に相談しようと思っています。
[2006/05/12 19:06] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
が~ん
昨日で膵炎のため、腸の一部が狭窄しているのを拡張する治療が始まって10日
余りが経過し、私自身の吐き気がないことから、医師の方で症状が改善していると判断、造影剤を使用しての透視検査に
挑むことになりました。
この検査の結果次第では
水の飲用が許され、その後食事が再開できるので家族一同期待して検査を受けたの
ですが、結果は散々というより何も変わりはなく、
腸は狭窄したままでした。家族で落胆していた所で
医師から結果の説明があり教授と主治医と話し合いの上、新しい治療方針を決めると言われたので失敗続きで医師に裏切られている
私達としては寝耳に水と
いう感じで次はいつごろ
退院できるのかも考慮した確実に結果の出せる治療方針を出さない限りこちらも疲れるばかりなので納得できないといったら
皆と話し合いの上、今日、明日中には話をするということなので信じて見たいと思います。
その後、飴、ガム、キャラメルなどを焼け食いして
しまい、その結果、胃液が溜りすぎてしまい吐き気を催してしまったため、現在鼻チューブを入れられています。ちょっと鼻と喉が痛いのですが我慢しています。気が滅入り気味なので
明日は気分転換で外出でもしようかと考えています。でも明日は雨なんですよね〓〓
[2006/05/10 12:27] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
言葉と笑いについて
今回は気が滅入り気味だったせいか、ブログの更新も思うように行きませんでした。
入院生活が長くなっている中で本当に自分は治るのかと自問自答しているうちに自分自身が不安になり、
一人でいることが多いせいか疑心暗鬼になってしまっていました。
その時に嫁さんと会社の先輩が来てくれたのは凄く
嬉しいことでした。
その時に皆が言っていたことで本にも書いてあったことですが悪いことばかり言っているとそれが本当のことになることです。
マイナス思考になると、
悪いことが次々と寄ってくるので、物事をポジティブにプラス思考で考えると
いいと言われ、なるほどと思いました。下らない事をうだうだと考えてもいい方向には行きません。
明日の検査で食事が再開出来るか決まります。
大丈夫だと楽観的に考えるとします。
[2006/05/08 22:18] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(1) |
研修医の恐怖
20060505215124
連休中にもなると医者も
休みに入るらしく医者の
数がグッと減ります。
お陰で担当医の先生も休みに入っているらしくこの
何日かはみかけていませんそのあおりを受けてこの
2日間は担当医がいないので何かあったら研修医の
先生が対応してくれます。研修医といえば皆さんも
知っての通り、学生さんが医師試験を合格し、晴れて医者になる、本当に医者に成り立てのほやほやなんです。研修医といっても色々なタイプがいます。
本当に腰が低く言葉使いが丁寧な人、自分は医者なのだから偉いんだぞと勘違いしている人など様々です。ただどちらも共通しているのは経験が不足していて ヘタレということです。 今回自分が被害にあったのは3日に一度の点滴の差し替え日だったんです。
2日連続で研修医に当たったのですが物の見事に
失敗しましたね。それも
何度もその都度針を刺すのですからその時の痛みは
ありませんでした。
研修医の先生に言いたいですね、もう少し他人の体を扱う以上、自分の体で練習して出直してこいと、こちとら高い金出して病気を
治しにきているのであって研修医の実験台になる気は全然ありません。
お陰で両手に点滴の針が
刺さっています。動きにくいったらあーりませんよ!もし、何かの縁でこのブログをみに来てくれた人達にこれだけは言いたいと思います。大学病院だけはやめた方がいいですよ。
実験台になるのがオチですよ。でも少しずつではありますが回復に向かっているのでもう少し頑張って見たいと思います。
[2006/05/05 21:51] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(4) |
変わり種発見
20060504184837
売店へ嫁と一緒に買い物に行った時に見つけた物で
つい買ってしまいました。タマゴボーロなのですが
何と青汁が入っています。初め何だこれはと敬遠していたのですが、一袋30円ということもあり思わず買ってしまいました。
肝心の味の方ですが何せ
青汁自体飲んだことがないのでこんな物かと納得せざる負えません。
つぎはどうしようかと悩んでいます。何ともいえない味なので難しいです。
[2006/05/04 18:48] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
でかっ!
20060504112241
膵炎の薬を投与して、
早くも4日になろうとしています。
薬が効いているせいか、吐き気もなく、体調の方も日増しによくなって来ています。
そこでごりはある質問を
医師の先生にぶつけてみました。
それは、現在ガム、あめなどの口の中で溶ける物なら食べても良いということなので、ラムネやキャラメルも同じ口の中で溶ける物なら大丈夫ですかという質問でした。駄目かなーと思ったのですが、返答は意外にもオーケーと言うことなのですぐに売店に向かいました。
その時見つけたのがこちらの森永ミルクキャラメル
大粒バージョンです。
私は普段キャラメルは
食べないのでこの驚きは
隠しきれませんでした。
パッケージだけなら従来のキャラメルに比べ二倍から三倍はあろうかと思います。しかし、値段も三倍なのは笑ってしまいましたね。味の方は大粒なので大味
なのかと思いきや他の
キャラメルと変わらない
ので感動しました。
他にも、黒糖、抹茶味などがありましたので、購入
次第紹介しようと思います。
ごりはつくづく思うのですが、何でも食べたいという気持ちがあれば病気は
きっと治ると信じていますこれからも完治目指して
日々奮闘したいと思います。きっと気の持ち様なんでしょうね。
[2006/05/04 09:54] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
本当に有難うございます。
これまで、コメントを寄せてくれた方々本当にありがとうございます。
当方、外出はできるのですが、時間が限られてしまうため、満足なお返事をかくことがままなりません。退院致しましたら、必ず返事をお出し
致しますのでご了承の程宜しくお願い致します。
[2006/05/03 09:49] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
久しぶりの外出
今、私は外出許可を貰い自宅にいます。
こう毎日病院にいるときが滅入って仕方がありません。
外出といっても点滴の関係上3,4時間しか外に出られません。
それでも外に出られるのだからいいと自分に言い聞かせております。
点滴の針は腕に刺したまま出てきました。最近は針を刺したままでも
平気なんですね。
しばらくしたら、本屋さんにでも行ってから病院に戻ろうかと
思っています。

20060503093626.jpg

[2006/05/03 09:36] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(0) |
怒りの雄叫び
20060501203401
今日は中心静脈カテーテルというのをやりました。
これは、首とか鎖骨の部分から静脈にチューブを入れることにより、高栄養の
栄養が送れ、なおかつ両手が自由になるといういいことづくめなのですが、その後に起こる地獄絵図をまのあたりにするとは想像も
していませんでした。
いざ、処置室にいき横になり麻酔を打たれ、いざカテーテル挿入という時に
物凄い激痛がして先生に
痛い(>_<)と言い、麻酔を
追加してもらい、再び挿入それでもチューブは入らず痛みだけが増す一方になり気がついたら体を起こし、先生に
怒鳴りまくっていました。内視鏡の時から失敗続き
だったのでストレスがたまっていたと思います。
しかし、あの時の痛みと
いったら言葉になりませんいまだに、右腕が痺れて 上手く動きません。
医師からはまた後日やりたいと言っていますがとても信用ができません。
ここの病院のモットーは
愛ある治療とありますが、私から言わせてもらえば
はっきり言って嘘っぱちです。もう気が滅入る一方で困っています。しかしこれが本当の悪戦苦闘という
ものですね。
[2006/05/01 20:30] | 独り言現在は闘病日記になります。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
プロフィール

電気屋ごりとヨメ

Author:電気屋ごりとヨメ
初めまして『電気屋ごり』の『ヨメ』です。
ダンナ(ごり)は電気屋を20年ちょっと
やっていました。

平成18年3月に胃癌と診断され、
胃の2/3を切除する手術をし、
その後抗癌剤の副作用に
悪戦苦闘しつついろんな事に挑戦し
頑張っていました。
平成19年2月19日に緊急入院。
平成19年3月1日、38歳で永眠しました。

ダンナが一生懸命作ったブログを
閉鎖したくないので、現在はヨメが
近況を書かせてもらっています。
何もないところですが、しばしの間
お楽しみください。

相互リンクは大歓迎です。
リンクの際、コメントは残してくださいね。
アダルト、誹謗、中傷、出会い系は
固くお断りいたします。

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

ダンナのペットです

FC2カウンター

ブログのお値段

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ダンナがお世話になった方々です。

生活 DeepLinker ブログ検索エンジン
アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

全ての記事を表示する

List me by BlogPeople

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。